ごあいさつ

心の豊かな施設と地域の拠点として、
基本理念や基本方針、品質方針は
次のとおり定めました。

基本理念

①たとえ身体に障害があっても、心の豊かな人間像を目指して生活支援のあり方をあくまでも利用者中心の立場から可能性の限りない追求をし、ともに生きる社会を求めていくこととする。

②心と心のふれあいが生活支援のあり方の原点とする。

③園訓「真・正・明」利用者には社会の一員として真心をもって対等な立場に立ち、人権尊重に根ざした主体性・自立性を重んじ、何事も正しく、また生きがいのある明るい、心の豊かな生活を求めていくために支援する。

基本方針

①利用者の人権とプライバシーの尊重を基本とし、個別のケアプランも考慮の上で基本的な支援方針を策定し、安全性の高い、質の良いサービスを提供する。

②付加価値の高いサービスを目指す。『人として共感・感動・思いやり・ほっとした安らぎ』

③インフォームドコンセント及びアカウンタビリティーの考え方にたって支援する。

品質方針

弥栄福祉会運営のツールとしてISOを活用し、職員の一層の意識改革を図り、心と心のふれあいの介護・支援「 真・正・明 」園訓を踏まえ、質の良い安全性の高い福祉サービスを提供し続ける為に、PDCAを回し、継続的改善を行う。具体的な目的は以下の4項目に集約される。
①利用者の人権を常に尊重し、サービスの質と安全性の向上及び環境改善に取り組みます。
 (人権の尊重/サービスの質の向上/地域との関係の継続/生活環境・利用環境の向上)
②地域包括ケアの中心的役割を担い、公益的な事業を率先して行います。
 (地域における公益的な取り組みの推進/信頼と協力を得るための情報発信)
③良質な社会福祉人材の確保·定着·育成に取り組みます。
 (トータルな人材マネジメントの推進/人材の確保・定着に向けた取組の強化/人材の育成)
④社会福祉法人にふさわしい透明性の高い運営を行います。
 (コンプライアンスの徹底/組織統治(ガバナンス)の確立/健全な財務規律の確立/経営分析と課題への対応)
令和2年4月1日改定
社会福祉法人弥栄福祉会 理事長 岩田 悛二
  法人概要・沿革  
法人組織図 地域交流事業・地域貢献事業 個人情報保護 ISO認証について
TOPに戻る